競売システムによる車売却が特殊な理由と保証金

競売システムによる車売却が特殊な理由と保証金

数ある車の売却方法の中で、オークションは少々特殊な一面があります。車の買取店などと違って、お金を預ける事があるからです。いわゆる保証金というシステムが採用されている事が多いですね。

 

競売システムでは保証金が必要

 

私たちがどこかの住宅などを借りる時には、たまに不動産会社に対して保証金を預ける事があります。そしてそのお金は、最終的には戻ってくるのですね。不動産会社の事情があって、一旦はお金を預けることになる訳です。ちなみにデポジットと表現される事もあります。
ところで前述のオークションという競売システムでも、その保証金が発生する事がしばしば有るのです。例えばあるオークションの代行業者を利用して車の売却をする時には、まず業者に対してお金を預ける必要があります。ちなみに数万円前後を預けることになるのですね。
しかしそれは預かる訳であって、業者に対して支払う訳ではありません。売却が成立した時には、そのお金が戻ってくるのですね。
何もそれは、代行業者だけではありません。自力でオークションで出品をした時にも、その保証金のシステムが関係してくる事がしばしばあります。

 

他の方法と違って競売システムだけはお金を預ける事になる

 

ところで車の買取専門店の場合は、お店に対してお金を預ける事はまずありません。その日の内に全てのやり取りが完了する事も珍しくないので、お店に対してお金を預ける必要性も無いからです。
それと車の売却方法の1つに委託販売がありますが、あれも実は保証金は無いのですね。全て無料で手続きを行う事ができます。
ですのでオークションという車の売却方法だけは、保証金が必要になってくる訳です。そのお金が必要になるという意味では、他の売却方法とは少々異なっていると言えるでしょう。