ブルーエアBlue3210の口コミ評判!空気清浄効果やフィルターお手入れ方法も紹介

生活家電・用品

 

今回の記事では、空気清浄機のブルーエアBlue3210について紹介していきます。

新商品となるので口コミ評判はないため、前モデルのBlueair411Bをまとめました。

全体的に評価は高く人気商品なのですが、コンセントについて不安になる内容のものが有りました。

詳しい内容は本文にまとめています。

 

また、空気清浄機として洗浄効果はどのくらいなのかやフィルターのお手入れ方法も紹介しています。

ぜひ読み進めていってください。

ブルーエアBlue3210の口コミ評判!

こちらの商品は発売して間もないため口コミがまだ有りません。

そのため、前商品の商品番号Blueair411Bの口コミを紹介していきます。

Blue3210とBlueair411Bは、大きな変化はないので参考になると思います。

Blueair音について

三段階の強さがあり3番目はやはり大きな音がして使いにくい
引用:楽天市場
シンプルで小さくて、音も静かなので満足です
引用:楽天市場
1番下のモードはとても静かで音に敏感な娘でも気にならず付けっぱなしで使っています。
引用:楽天市場

3段階の風量調節の中でレベル3の一番強い風量にすると、音が気になってしまうようです。

ただこれは、汚れた空気の洗浄をフルパワーで行っている証であり、どのメーカーの空気清浄機も一番強い風量にするとほぼ音はします。

使っている人の感想として、実際に空気が綺麗になっていることを実感しています。

ただし、小さいお子さんが居たり音に敏感な人には一番強い風量で使うことは避けたほうがよさそうです。

Blueair大きさや重さについて

大きさのわりには軽いです。
引用:楽天市場
軽いのでどの部屋にも持っていきやすくこれから活躍しそうです。
引用:楽天市場
大きいかなと思いましたが、抱き枕くらいの大きさで、かつ360度対応がとても気に入りました。
引用:楽天市場

大きさは、幅20cmx奥行き20cmx高さ42.5cmです。

新発売となるBlue3210も同じサイズです。

リビングに置くテーブルは、高さが42cmのものが多いので、テーブルと同じような高さだと考えると、コンパクトな大きさであることが分かります。

Blueairコンセントについて

「3」で30分でコンセントが体温以上に熱くなる
引用:楽天市場
稼働中コンセント付近耳すますと「ジジジジ…」って音してる
引用:楽天市場

コンセントが熱くなるので注意が必要です。

この口コミは前モデルBlueair411Bのものとなりますので、新しく発売されるBlue3210では改善されていることを期待しましょう。

ただ、コンセントは常に綺麗にして、周りに燃えやすいものは置かないことは徹底しておいた方が安全ですね。

Blueairフィルターについて

フィルターが丸見えなので持ち運ぶときにフィルターで洋服が汚れてしまわないか気をつかう
引用:楽天市場
空気はとてもクリアになっている感覚もしっかりあり、インテリアとしてもオシャレで十分気に入っています
引用:楽天市場
フィルターの掃除も楽
引用:楽天市場

フィルターが360度というのは、メリットで有りデメリットでも有るようですね。

ブルーエアBlue3210のフィルターは、機械内部に有るフィルターと外側のプレフィルターの2種類です。

外側のプレフィルターは、空気の吸引によりホコリなどが付いていきます。

 

プレフィルターに付いたホコリが、移動するときに洋服などについてしまう可能性が有るようです。

ホコリであれば洗えば落ちるので、もし付いてしまったら洋服を洗っておきましょう。

どうしてもつくのが嫌だという場合は、場所を移動する前にフィルターの掃除をして綺麗な状態にしておくか布などで覆って移動すれば洋服も汚さずにすみます。

Blueairの操作について

タイマー機能やリモコン操作等の機能は無くシンプルな構造なのが善し悪しではあります
引用:楽天市場
無駄な機能を排除したシンプル設計で、操作も楽です
引用:楽天市場

天面に有るボタンを押すだけというシンプルな操作になっています。

前モデルであるBlueair411Bは、3段階の風量調整での操作でしたが新しく発売されるBlue3210はオートモードが搭載されましたので、自動で風量調節をしてくれます。

肝心な空気清浄の効果については、次の項目で紹介していきますね。

ブルーエアBlue3210の空気清浄効果は?

公式ホームページの商品説明の中には、8畳で約17分で空気の洗浄が出来ると案内されています。

実際に使っている人の中で、30分使用していて部屋の空気が爽やかになったと実感しているようです。

 

この早く洗浄出来るのは、360度の全方向から空気を吸引し洗浄しているからこそです。

つけっぱなしにしておけば、常に空気の洗浄がされるので爽やかさは保てること間違いなしですね。

内臓センサーが有りますので、室内の空気の状態を自動的にチェックし空気洗浄をしてくれるのも嬉しい機能です。

ブルーエアBlue3210のフィルターお手入れ方法を紹介

ブルーエアBlue3210のフィルターは、機械内部に有るフィルターと外側のプレフィルターの2種類です。

お手入れ方法は、内部のフィルターは約6ヶ月ごとの交換が必要です。

 

フィルターを購入する必要が有りますが、フィルター自体を掃除するのは案外手間ですので買い換えるだけで簡単にできるのは嬉しいですね。

このフィルターは交換することで初期性能になるので、空気洗浄効果が劣ることを防ぐことができます。

 

交換方法は、使用済のフィルターを外し新しいフィルターをはめるだけです。

部品を触って操作してなどと面倒な作業は入ってきません。

上記は、Blueair411Bの交換用フィルターです。

Blue3210の交換用フィルターは、ブルーエア公式サイトで税抜7,000円で販売されています。

発売して間もないということも有るのか、楽天やYahoo!ショッピングで交換用フィルターの取り扱いされていません。

しかし、交換時期の目安である6ヶ月前には取り扱いも始まるのではないかと思っています。

 

もう一つのフィルターである外側のプレフィルターは、空気の吸引によりホコリなどが付いていきますので、気になったときに洗っておくと吸引力が衰えません。

プレフィルターは、カバーをかぶせているだけなのでサッと簡単に外すことが出来ます。

カバーが古くなったら買い替えることも出来ます。

上記は、フィルターと同じように前モデルであるBlueair411Bのプレフィルターの交換用です。

公式サイトによると、1,100円で販売されています。

こちらもまだ未販売ですが、今後販売されていくのではないかと思います。

ブルーエアBlue3210の特徴やメリット

最後に、ブルーエアBlue3210の商品概要を紹介しておきます。

  • 商品サイズ:20cm×20cm×高さ42.5cm
  • 本体重量:約1.7kg
  • 風量調節:3段階
  • メンテナンス:6ヶ月毎にフィルターを交換

 

ブルーエアの空気清浄機は、PM2.5・ホコリ・花粉・ペットのフケ・カビ・ダニ・バクテリア・VOC・タバコ煙・化学物質・調理臭と多くのものに反応し空気の洗浄をしてくれます。

プレフィルターは5色有り、どれもシックなカラーのためお部屋のイメージを崩さないです。

 

360度で空気を吸い込むので、低電力で効率よく空気洗浄が可能です。

内蔵センサーやオートモードが搭載されているので室内の空気の状態で空気の洗浄や風量の調節がされます。

下記サイトから購入すれば、保証期間が2年間ついてきます。

まとめ

今回の記事では、ブルーエアBlue3210について紹介してきました。

新発売商品のため、口コミや評価は大きさや性能など大きな変化がない前モデルのものを紹介してきました。

 

全体的に評判は高く何よりもコンパクトサイズなのに空気清浄効果が高いことが判明しました。

また、移動が楽というのも使いやすくていいと思いました。

 

音にとても敏感で有る場合は、強で稼働すると音が結構するので使用は辞めたほうがいいかもしれません。

しかし、一部屋を短時間で空気洗浄したい場合にはブルーエアBlue3210はオススメです。

タイトルとURLをコピーしました