EH-NA0GとEH-NA9Eの違いを比較!どっちが使いやすい?

EH-NA0GとEH-NA9Eの違いを比較!どっちが使いやすい?美容・健康・ダイエット

パナソニックのドライヤーEH-NA0GとEH-NA9Eの違いを比較しました。

 

EH-NA0GとEH-NA9Eは、どちらもパナソニックのヘアドライヤーです。

EH-NA9Eは2020年10月に発売されてから、大人気のロングセラー商品であり、EH-NA0Gは2021年9月に新発売予定の最上位モデルの商品です。

 

EH-NA0GとEH-NA9Eの違いは大きく分けると4つ

  • 水分量の違い
  • 風量の違い
  • デザインの違い
  • 金額の違い

1番大きな違いとして、EH-NA9Eはナノイー&ミネラルが搭載されており、EH-NA0Gにはさらに進化した、高浸透ナノイー&ミネラルが搭載されています。

この違いにより、髪の水分量が約1.9倍も増えました♪

 

EH-NA0GとEH-NA9Eの詳しい説明や違いは本文で詳しくまとめていきますのでご覧ください^^

▼パナソニックナノケアドライヤー最上位モデルEH-NA0Gはこちら▼

▼旧モデルEH-NA9Eはこちら▼

EH-NA0GとEH-NA9Eの違いを比較!

EH-NA0GとEH-NA9Eの違いをまとめました。

大きな違いは4つです!

  • 水分量の違い
  • 風量の違い
  • デザインの違い
  • 金額の違い

それでは詳しく紹介していきます。

水分量の違い

1番大きな違いですが、EH-NA9Eはナノイー&ミネラルが搭載されており、髪に浸透することでキューティクルを引き締め、水分が流れ出るのを防ぎます。

そして、EH-NA0Gは、さらにナノイーの発生量を増やして浸透性を高めた、高浸透ナノイー&ミネラルが搭載されており、髪の内側までしっかりと水分を与えることができます。

EH-NA0GとEH-NA9Eの髪の水分量を比較すると、最新モデルのEH-NA0Gの方が1.9倍も潤いがUPしています!

このことにより、最新モデルEH-NA0Gの方が、より毛先まで潤いのあるまとまった髪にスタイリングできます!

 

他にも、高浸透ナノイー&ミネラルに進化したことで得られる嬉しいポイントがあります。

キューティクルが密着して潤うことで、ヘアカラー時の髪への傷みを防ぎ、カラー剤が抜けにくくなるので、ヘアカラーが長持ちする点です!

せっかくお気に入りのカラーにしてもすぐに抜けてしまって、がっかりすることってありますよね。

EH-NA0Gを使用することで、カラーのもちが良くなるのは嬉しいですし、お財布にも優しいですね^^

 

そして、UVケアの効果も高まります!

紫外線によるダメージが気になる季節ですよね。

EH-NA9Eもナノイー&ミネラルの力でキューティクルが密着するので、UVケア効果はありますが、EH-NA0Gの方がさらに内側まで浸透した状態なので、UVケア効果も約2倍と言われています。

風量の違い

パナソニックのナノケアシリーズは、すぐに乾く点を評価している方が多い商品です。

EH-NA9Eも1.3㎥/分と満足の風量ですが、最新モデルEH-NA0Gは送風効率が改善されたことで、1.5㎥/分とさらに風量が多くなっています。

これにより、最新モデルEH-NA0Gでは、乾燥するスピードが約20%もUPしています!

デザインの違い

大きさはほぼ変わりなく、重さは約20g程EH-NA9Eの方が軽い設計になっています。

 

そして、カラーバリエーションに違いが見られました。

最新モデルEH-NA0Gはディープネイビー・モイストピンク・ウォームホワイトの3種類です。

対してEH-NA9Eはルージュピンク・ピンクゴールド・白の3種類です。

 

ディープネイビーとルージュピンクが大きく違いますが、他の2色はほぼ同じ色味の印象です^^

金額の違い

EH-NA0Gの方が新商品であり、最上位モデルの為、高価です。

金額は約33,000円〜35,000円が多かったです。

EH-NA9Eは約14,000円〜16,000円と比較的試しやすい価格でした!

▼パナソニックナノケアドライヤー最上位モデルEH-NA0Gはこちら▼

▼旧モデルEH-NA9Eはこちら▼

EH-NA0GとEH-NA9Eどっちが使いやすい?

EH-NA0GとEH-NA9Eでそれぞれどんな人におすすめなのかまとめました。

参考にしてくださいね^^

EH-NA0Gがおすすめな人

  • 髪のパサつきが気になる方
  • カラーをしている方
  • できるだけ早く乾かしたい方

EH-NA0Gは、髪に潤いを与えたい方には、最適なドライヤーです!

パサつきが気になる方には、特におすすめします。

そして、やはりカラーが抜けにくいのが良い点ですね^^

お気に入りのカラーはなるべく保たせたいですし、カラーによるダメージも防いでくれるのが助かります。

 

一見ドライヤーとしては、金額が高く感じますが、サロンでのトリートメントや高価なヘアケア商品を続けると考えるとコスパは良いと思います♪

 

そして、速乾性に優れているので、忙しい方や、小さなお子さんがいるご家庭には大活躍しますよ♪

▼パナソニックナノケアドライヤー最上位モデルEH-NA0Gはこちら▼

EH-NA9Eがおすすめな人

  • 髪質がペタッとなりがちな方
  • 少しでも軽い方がいい方
  • 金額を抑えたい方

もともと髪に潤いがある方は、EH-NA9Eをおすすめします。

EH-NA0Gだと水分量が多すぎて、ペタッとボリュームのない髪になってしまう心配があります。

また、EH-NA0Gに比べると20g程軽いので、手が疲れてしまう方や軽さ重視の方はこちらがいいと思います^^

 

そして、EH-NA9Eは金額が比較的安い点がメリットです!

機能としては充分であり、他の高級なドライヤー以上に優れているにもかかわらず、1万円台で手に入るのはとても魅力的な商品です♪

▼旧モデルEH-NA9Eはこちら▼

H-NA0GとEH-NA9Eの共通の特徴

EH-NA0GとEH-NA9Eの共通する特徴を紹介します。

速乾ノズル

EH-NA0GとEH-NA9Eには速乾ノズルが搭載されています。

髪を早く乾かすポイントは、風量だけではありません。

強弱差のある風で、髪の毛の毛束を早くほぐすことが重要です!

最新モデルEH-NA0Gと前モデルEH-NA9Eでは、この強弱差のある風と十分な風量で素早く髪を乾かします^^

 

また、温度も研究されており、髪の毛は150℃くらいからダメージを受けることから、EH-NA0GとEH-NA9Eは約125℃と髪を傷めない温度になっているので安心です!

効果的な5つのモード

EH-NA0GとEH-NA9Eには5つのモードが搭載されています。

  • 温冷リズムモード
  • 毛先集中ケアモード
  • スカルプモード
  • インテリジェント温風モード
  • スキンモード

の5つです。

温冷リズムモードは、温風と冷風が交互に出るモードでツヤ感やまとまりがUPします。

そして、毛先集中ケアモードは、温冷リズムモードの風量が弱いモードで、毛先を逃さずセットできます。

他にも、地肌を60℃の優しい温度で乾かすことができるスカルプモードや室温に合わせて温度調整できるインテリジェント温風モード、肌に潤いを与えるスキンモードと嬉しい機能が満載です!

 

1台でいろんな使い方ができるので、幅広い方に満足してもらえそうですね♪

EH-NA0GとEH-NA9Eの比較表

商品名Aと商品名Bの違いや特徴をもとに、比較表を作成しましたのでご覧ください。

EH-NA0G

EH-NA9E

タイプ高浸透ナノイー&ミネラルナノイー&ミネラル
カラーバリエーションディープネイビー EH-NA0G-A
モイストピンク EH-NA0G-P
ウォームホワイト EH-NA0G-W
ルージュピンク EH-NA9E-RP
ピンクゴールド EH-NA9E-PN
EH-NA9E-W
大きさ(高さ×幅×奥行)22.4×21.6×8.9cm22.8×21.4×9.2cm
重量595g575g
髪の退色抑制効果×
UVケア効果◉(2倍)

EH-NA0GとEH-NA9Eの違いを比較!どっちが使いやすい?まとめ

パナソニックナノケアドライヤーのEH-NA0GとEH-NA9Eの違いを比較してきました。

大きな違いは、4つありました!

  • 水分量の違い
  • 風量の違い
  • デザインの違い
  • 金額の違い

EH-NA9Eに比べて最新モデルEH-NA0Gの方が水分量と風量が進化しており、より髪の毛に潤いを与え、速乾性に優れた商品となっています。

よって、髪の毛のパサつきが気になる方や、より早く乾かしたいといった方にはEH-NA0Gをおすすめします♪

 

そして、デザインはカラーバリエーションと重さがEH-NA9Eの方が20g程軽い点が違いとしてありました。

また、金額はEH-NA0Gの方が最新機種の最高位モデルということもあり、2倍近く高い価格でした。

よって、軽さを重視する方や金額を抑えたい方はEH-NA9Eをおすすめします♪

 

EH-NA9Eは発売当初から大人気商品で満足度の高いドライヤーです。

2021年9月に新発売されるEH-NA0Gがますます楽しみですね^^

▼パナソニックナノケアドライヤー最上位モデルEH-NA0Gはこちら▼

▼旧モデルEH-NA9Eはこちら▼

美容・健康・ダイエット
こちらの記事も読まれています
Blog Pallet
タイトルとURLをコピーしました