林和泉の大学はどこ?wiki風プロフィールを紹介!年収も気になる

テレビ番組

「セブンルール」で、「文喫」副店長の林和泉さんについて紹介されました。

 

文喫は、日本で初めて入場料が必要な本屋として立ち上げ当初から話題となっており、休みの日には行列が出来るほどに人気の本屋です。

スマホやタブレットで読むことが普及し本の売り上げが低迷しているという現代においても、文喫は一定的な売り上げが有るようです。

 

そんな本屋「文喫」で副店長を務めるのが、林和泉さんです。

話題の本屋さんの副店長となると、学歴(大学や高校)や年収が気になりますよね。

 

今回の記事では、文喫副店長の林和泉さんについてプロフィールを紹介します。

林和泉の出身大学や高校は?

本を愛する林和泉さんは、どこの大学や高校を卒業しているのでしょうか?

気になったので調べてみたのですが、はっきりした情報は見つけれなかったので、出身地などから考えていきたいと思います。

 

林和泉さんは、岐阜県出身です。

そのため、高校は岐阜県に有る高校に通っていたのかなと思いました。

岐阜高等学校とかですかね。

 

また、Facebookを確認すると京都市在住としているので、憶測になってしまいますが岐阜の高校を卒業後に、京都の大学に進学をしたのではないかと思います。

 

2014年に日本出版販売を入社しているので、4年生の大学に行っていた可能性が高いですよね。

そして、林和泉さんは本好きということから文系を進んでいる気もします。

 

京都4年生大学で文系と考えると、京都大学や立命館大学・同志社大学といった知名度高めの大学を卒業しているかもしれません。

林和泉のwiki風プロフィール

学歴について紹介してきました。

そのほかの林和泉さんのプロフィールをwiki風に紹介します。

  • 名前:林 和泉(はやし いずみ)
  • 出身地:岐阜県
  • 生まれた年:1992年
  • 職業:日本出版販売社員

 

林和泉さんは、大学卒業後の2014年に日本出版販売株式会社に入社しています。

入社後は、紀伊國屋書店の首都圏に有る3店舗の営業を担当し、書店の売上改善や販売効率化の施策を行っていました。

その後、リノベーション推進部に配属されています。

 

リノベーション推進部では、本と本屋を好きになってもらうきっかけをつくるというミッションを掲げ新しい本屋を作る事業が立ち上がります。

それが、入場料が必要な本屋「文喫」です。

 

林和泉さんは、この新規事業「文喫」の立ち上げメンバーとなりました。

2017年から始まった立ち上げは、翌年2018年12月にオープンとなりました。

 

オープンの2ヶ月前に副店長を任命され、リブロプロスの出向という形で現在も引き続き文喫の副店長をしています。

立ち上げメンバーだったのが、急に副店長と言われて驚いたでしょうね。

林和泉の年収はどのくらい?

では、林和泉さんの年収についても紹介していきます。

林和泉さんは、文喫の副店長では有りますが同時に日本出版販売の社員です。

 

日本出版販売の平均年収を調べてみると、600万円超。

その中でも年齢別にみてみると、林和泉さんの年齢28歳の場合は、ボーナスを含めた年収や約520万円のようです。

 

ここから、副店長に任されるということは会社から信頼されているということでしょうから、その信頼として給料が少しアップしているかもしれません。

こういったことを含めて考えると、林和泉さんの年収は約600万円といったところではないかと思います。

林和泉のインスタは?

最後に、林和泉さんはSNSをしているのかを紹介します。

Twitter・Instagram・FacebookとSNSが主流になっていますが、その中でもFacebookのアカウントを見つけることができました。

Facebookアカウントhttps://www.facebook.com/miil.hysh

 

インスタは、ご本人らしきのアカウントは見つからなかったのでやっていないと思います。

Twitterは、文喫のアカウントが有りましたので、ここのアカウントを管理をしていそうですね。

Twitter「文喫」アカウントhttps://twitter.com/bunkitsu_rpng

まとめ

今回は、「文喫」副店長の林和泉さんについて紹介してきました。

 

文喫は、日本で初めて入場料が必要な本屋です。

入場料が必要な分、書店内は洗練されていて有名な本はもちろん、普段目にしないようなレアな本が多く揃っているのも特徴です。

 

そのため、本好きには人気の場所となり、休みの日にはほぼいつも入場を求めて行列になっているようです。

このように人気の本屋を作っている一人が、林和泉さんです。

 

岐阜県で生まれ育った後に、京都の大学を卒業しているかと思います。

本が好きということで、日本出版販売に入社し「文喫」の立ち上げから携わってきました。

また、林和泉さんの気になる年収ですが、600万円ほどではないかと予想しました。

会社から副店長を任されるほどに厚い信頼を寄せていますので、平均年収にプラスアルファした金額です。

 

林和泉さんは、お客様が本と素敵な出会いをすることが出来るように、おすすめの本を選んだり文喫で過ごす時間を居心地よくするために試行錯誤を繰り返し日々奮闘してくれています。

入場料を払うというのは一見デメリットにも感じますが、林和泉さんのような人が居ることでまた行きたくなる場所になるだろうし、本自体がより好きになりようですよね。

これからも活躍していかれることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました