アイリスオーヤマクッキングヒーターIHK-W12S-Bの口コミ評判!電気代はどのくらい?

キッチン家電・用品

 

アイリスオーヤマクッキングヒーターIHK-W12S-Bの口コミや評判について紹介します。

電気代はいくらくらいかかるのかについても調べてまとめました。

 

アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bは、脚付きなのが特徴です。

ガス火からの乗り換えの場合でも、脚付きであることでキッチンの高さとフラットになるので段差を気にしなくて良くなります。

実際に、

  • 「使いやすい」
  • 「下に物が置けるようになって収納場所が増えた」

といった口コミがある程です。

 

ただ、ガスから電気へと変更になるので、電気代が気になってしまいますよね。

実際に、アイリスオーヤマクッキングヒーターIHK-W12S-Bの電気代はどのくらいかかってくるのでしょうか?

詳しくは本文でまとめましたので、ぜひ読み進めていってくださいね^^

▼脚付きで便利♪アイリスオーヤマクッキングヒーターIHK-W12S-B▼

アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bの口コミや評判は?

アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bを使っている人は、どのような感想を持っているのか気になりますね。

口コミや評判を紹介していきます。

機能・パワーについて

使い方が簡単で助かりますが、小さな鍋だとエラーが出て使えないです。
引用:楽天市場
火力はもう少しあればよいですが、まぁ、こんなものでしょう。揚げ物も十分に出来ました。
引用:楽天市場
IHなのでやはり火力は弱いです。
引用:楽天市場
下に物置けるのが何気に便利。
引用:楽天市場
使いやすくて便利、タイマーも付、消し忘れても安心です。
引用:楽天市場

アイリスオーヤマのIHクッキングヒーターで対応している鍋の大きさは、12cmからとなっています。

使う前に鍋の大きさのチェックはしてくださいね^^

また、IHのクッキングヒーター全般に言えることなのですが、IHは電磁波を使って調理をすることになるのでガスコンロに比べると熱の伝わり方は遅いです。

しかし、一度熱が伝わってしまえば安定して火力が伝わるので、調理への問題は起きません。

使いやすさについて

家にある鍋、フライパンがどれも使えないです。
引用:楽天市場
汚れたり吹きこぼれたりしても、布巾でさっと拭くだけで簡単に綺麗になります。
引用:楽天市場
デザインもよく掃除のしやすさと火事の心配がないのがすごくいい!
引用:楽天市場
掃除も楽ですし下に良く使う食器やフライパンを入れられるため使い勝手が良く、満足しています。
引用:楽天市場

使える鍋の種類は、これもIHのクッキングヒーター全般に言えることなのですが、限られた材質の鍋が使えます。

使える材質の鍋は、

  • ステンレス
  • 多層鋼なべ

です。

IHK-W12S-Bの機能の中に、鍋検知機能が付いていて使える鍋かどうかを自動的にチェックしてくれます。

もし鍋を購入する場合は、IH可能かどうか商品に書いてあると思いますので、チェックしてから購入してくださいね^^

デザイン・大きさについて

ブラックの方がスタンダードなデザインで安心かなとも思いましたが、ホワイトがかわいすぎて購入しました。
引用:楽天市場
すごく手軽な値段、素敵なデザイン、思った以上の商品です。
引用:楽天市場
IHコンロを使わない時は洗い物を乾かす場として利用したり、片方のコンロを使っている際にもう片方のコンロスペースでおたまや菜箸を置いたりととても助かっています!
引用:楽天市場

ブラックはよく見かけると思いますが、ホワイトは珍しいですよね。

ホワイトは汚れが目立ちやすいことも有るので、綺麗を保つために使い終わったあとの掃除も欠かさなくなりそうなのもメリットの一つかもしれません^^

アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bの電気代はいくら?

実際にアイリスオーヤマクッキングヒーターIHK-W12S-Bの電気代が、実際にどのくらいかかるのか気になりますね。

アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bは、最大で1400Wの火力が有ります。

 

この1400Wの火力で20℃のお水1リットルを90℃にするために沸かした場合、電気代は2.6円程かかります。

これは、プロパンガスの約半分ほどです。

実際に使っているという口コミの中には、ガスから電気に乗り換えて、1,000円ほど安くなったといったレビューがありました。

使い方にもよりますが、比較的プロパンガスよりも電気代の方が安くなるようです。

アイリスオーヤマのクッキングヒーター「IHK-W12S-B」の火力について

クッキングヒーターIHK-W12S-Bの火力についても、気になると思いますので説明します。

アイリスオーヤマの火力は、左と右で火力は変わってきます。

  • 左は6段階 100W・300W・500W・700W・900W・1400W
  • 右は4段階 100W・300W・500W・700W

ガスに比べたら火力は落ちますが、揚げ物モードが付いておりちゃんと揚げ物も出来ます。

炒め物や煮物等の料理にも、上記のワット数でしっかり味が染み込んだ一品を作ることが出来ます♪

 

ガスの場合は、煮物などで拭きこぼれが有ったときは火が消えてしまうことや消し忘れに注意が必要です。

しかし、IHクッキングヒーターIHK-W12S-Bの場合は温度過上昇防止や切り忘れ自動オフ機能が付いていますので、安全面も安心です。

アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bの特徴やメリット

ここまでのことを踏まえて、アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bの特徴やメリットも紹介していきます。

安全機能やモードが充実している

IHK-W12S-Bは、付いてる機能やモードが充実しています。

1つ目は、5つの安全機能です。

  1. 鍋探知機能・・・鍋が使えるものかどうかを自動的に判別する
  2. 鍋なし自動電源オフ・・・鍋が乗っていないと自動的に電源が切れる
  3. 小物探知機・・・鍋以外の小物類(スプーンなど)があった場合は自動的に電源が切れる
  4. 切り忘れ自動オフ・・・45分以上操作がされない場合は自動的に電源が切れる
  5. 温度過剰上昇防止機能・・・鍋底の温度が異常に上がった場合に自動的に電源が切れる

 

2つ目は、左側ヒーターのみに揚げ物モードと湯沸かしモードが付いています。

  • 揚げ物モードは、150〜200℃の6段階で設定可能
  • 湯沸かしモードは、お湯が沸くと自動的に電源オフ

 

3つ目は、タイマー機能です。この機能は左右どちらにも付いています。

  • 最短1分、最長9時間50分で設定可能

タイマー機能は、パスタなどの茹で時間が決まったものの調理に便利です♪

操作方法が簡単

操作方法も簡単です。

  • 電源
  • 火力・温度調節の強弱
  • タイマー設定
  • 各モード設定

が、見やすい表示で直感で迷うことなく操作することが出来るようになっています。

毎日使うものだから、操作方法が簡単なものはストレスなく使えて嬉しいですね♪

まとめ

今回の記事では、アイリスオーヤマのクッキングヒーターIHK-W12S-Bについて紹介してきました。

口コミや評判は、「デザインがオシャレ」「脚付きでキッチンとフラットになり使いやすい」といった良い評価が有りました。

 

反対に、「火力が物足りない」というものも有りました。

これは、ガスと比べ直火と電磁波とで伝わり方が変わってくるためです。

ガスに比べて弱く感じるかもしれませんが、クッキングヒーターで最大1400W有りますので揚げ物や炒めものも不都合なく使えています。

 

また、電気代については同じ時間使ったときで比べるとプロパンガスに比べて約半分の電気代で済みますので経済的です。

ガス代が高いと感じているなら、クッキングヒーターに変えると安くなるかもしれません♪

タイトルとURLをコピーしました