河本清順の年収はどのくらい?経歴も気になる!【シネマ尾道支配人】

テレビ番組

シネマ尾道の支配人である河本清順さんが、「セブンルール」に出演します。

河本清順さんは映画館が閉鎖していくのを寂しく感じ、「自分が生まれた町に映画館を残したい」という強い思いから自らが支配人となり映画館を作ってしまった人です。

 

そんな河本清順はどんな人なのでしょうか?

年収も気になるところです。

 

今回の記事では、シネマ尾道の支配人をする河本清順さんについて

  • 年収
  • 経歴
  • 旦那さんや家族

について紹介していきます。

河本清順の年収はどのくらい?

早速ですが、河本清順さんの年収についてみていきたいと思います。

もちろん実際の金額は公表されていません。

予測にはなってしまいますが、金額的にはそこまで高くはないのではないかと思いました。

一般サラリーマン程でしょうか。

 

シネマ尾道は、地元の人だけでなく俳優の中でも有名になっている場所です。

しかし、現在のコロナにより廃業や閉店となっているお店が多い中、シネマ尾道も影響を受けている場所の一つです。

 

ただその影響を、河本清順さんは「コロナになったからヤバイのではなく、いつもヤバイ」と明るい気持ちで語っています。

2008年にシネマ尾道をオープンしていますが、このときに必要な資金はクラウドファンディングで集めています。

 

こうして考えると、河本清順さんの人柄が素敵なことから人が引き寄せられて経営が成り立っていっているように思います。

一生懸命に奮闘している姿が有れば、応援はしたくなるのが人の心理みたいなものですものね。

 

実際に人柄が好まれているのが分かるところとして、店舗のところに掲げられている「シネマ尾道」という文字です。

これは、小学生たちの手作り作品なんです。

河本清順の経歴は?

人から愛される河本清順さんの経歴をここでは見ていきたいと思います。

  • 1976年 尾道市生まれ
  • 清順という名前は、映画監督の鈴木清順にちなんでつけられています

以前は、アパレルショップに働いていたのですが生まれ育った尾道市の映画館が閉館してしまい、映画館ゼロの街になってしまったことがとても悲しく感じたようです。

 

その想いから、映画館を残したいという強い気持ちが出て自らが映画館を作り支配人となったのです。

河本清順の旦那や両親について

最後に、河本清順さんの家族についてみていきましょう。

河本清順さんは、今年5月に結婚をしています。

 

結婚相手となった旦那さまについての情報は出ていませんが、素敵な人なんだろうなと勝手に思っています。

5月に結婚し毎日支配人として働いているのを見ると、子供はまだでしょうね。

 

そして、河本清順さんの両親については、父親が鉄工所で母親は焼肉屋を経営しているようです。

経営者の両親を見ていたら、必然的に自分も経営者になると思ってしまうものなのでしょうね。

まとめ

今回は、シネマ尾道の支配人である河本清順さんについて紹介してきました。

年収は確実な金額は出ませんでしたが、なんとかやりくりはしていける程だという結論に至りました。

 

映画館の支配人と聞くと、とてもかっこいい職業のようにも感じますが実際には設備の維持などの経費が非常に多くかかってしまうようです。

2008年の開館から現在までに、何度となく閉館危機に襲われたことも有るようです。

しかし、「映画が好き!」という気持ちから行動を起こし、周りからの援助も受けて続けれこれているようです。

 

河本清順さんの人柄が好かれているので、これからもシネマ尾道は続いていくと思います。

タイトルとURLをコピーしました