小林聡(小林農園)の経歴を紹介!エンジニアから果樹農家になった理由は?【人生の楽園】

テレビ番組

8月22日放送の「人生の楽園」では、山梨県甲斐市で果樹農家をしている小林聡さんを取り上げられました。

小林聡さんは、以前は電子機器メーカーでエンジニアとして働いていました。

しかし、定年を前に会社を早期退職をし農家へと転身しています。

 

エンジニアと農家というと一見全く違った世界に感じますが、実はどちらも「作る」ということなので分類として同じのようです。

エンジニアの世界から果樹農園となった理由は何だったのでしょうか?

 

妻の由紀子さんや子供や周りの人たちからの支えも有りながら、日々美味しい果樹を育てるためへと奮闘しています。

今回の記事では、小林農園を運営する果樹農家の小林聡さんについての経歴を紹介します。

小林聡(小林農園)の経歴

小林聡さんは、2016年に果樹農園である小林農園の園主となっています。

園主になる前は、情報学を大学で学び卒業した後に電機メーカーの会社に就職をしました。

会社では、テレビやカメラといった電子機器の開発エンジニアとして活躍をしていました。

 

一からモノを作り出すということにワクワクを感じていたのですが、管理職になり作ることからも離れてしまった日々を過ごしていたときにモノづくりが出来ない寂しさを感じたようです。

こういった想いを抱えたときに、新しくモノづくりをしたいという強い気持ちが出て早期退職となったようです。

また小林聡さんの実家は、農家で有りゆくゆくは自分が継ぐんだという気持ちは有ったようです。

 

会社を退職後には、美味しいものをきちんと作りたいという想いから山梨県立農業大学で約1年間果樹栽培を習い始めています。

その後は、実家の畑や親戚の果樹畑で桃やブドウやイチジクを栽培し始めました。

 

現在の品種は、桃はあかつき・日川白鳳・嶺鳳・川中島白桃などで、ブドウは巨峰・ピオーネ・シャインマスカットなどと数多くの様々な品種を栽培しています。

また、山梨では珍しいと言われる多品種のイチジクの栽培もおこなっています。

 

それらをドライフルーツにして販売も行っています。

販売時は、K.FieldWorks(ケイ フィールドワークス)のブランド名で活動しています。

 

大量生産はむつかしいのですが、お客様へ喜んでもらえるようにと美味しいフルーツを育てています。

会社員のときは、チームでモノつくりをするので一つの商品の一部に携わるだけであることに心の葛藤が有ったようです。

しかし今では、苗を植え水をやり肥料をやる、美味しくて甘いものを育てるために試行錯誤していく過程が有ります。

この一からすべて自力で完成させること自体に、小林聡さんは喜びや楽しさを感じています。

また、直接お客様からの喜びの声が聞けることも会社員時代に有った心の葛藤は取り外されていっているようです。

 

一から自分で作ると気持ちの入り方も変わりますよね。

そこには愛情も含まれるので、より満足のいくものが仕上がっていくのかもしれません。

小林農園の果樹栽培方法

小林農園の果樹栽培方法は、エンジニアだった小林聡さんだからこそ出来る技術を取り入れています。

それは、IoTの導入です。

IoTとは、Internet of Things(モノのインターネット)の略です。

モノがインターネットを通じて通信するということですが、つまり栽培している果物のの気温や湿度といった気象データが離れた場所でも確認することが出来るようになっています。

 

他にもドローンを活用しています。

IoTとドローンの導入によって、一つずつ逐一果樹の状態を直接確認する必要が無くなっています。

 

こういった導入は、エンジニアとしての知識があるからこそでは有りますね。

昔では考えられなかった方法で栽培することが出来てきていると思うと、時代の変化に感動さえしてしまいます。

小林農園の場所

小林農園は、山梨県甲斐市宇津井に有ります。

ここは甲府盆地のため昼と夜の温度差が大きく、南アルプスの影響で雨や風は少ないです。

そして、日照時間が多く有るところです。

 

そのため、全体の生産数が少ないので有名では有りませんが、桃やブドウなどの栽培がしやすい場所と言われています。

多品種のイチジクの栽培をしているのも、この日照時間が多く有るということを有効活用しているからこそなんですね。

まとめ

今回は、山梨県甲斐市で果樹農園をしている小林農園の園主である小林聡さんについて紹介してきました。

大学卒業後に電子機器メーカーに就職をし、テレビやカメラなどの開発エンジニアとして活躍してきた小林聡さん。

 

果樹栽培の魅力として、一から自分の手で作り出しそれを直接自分のてでお客様へ渡すことが出来るという喜びが有るようです。

エンジニア時代では出来なかったことが、今では出来ているんですね。

 

また小林聡さんはアウトドアが趣味で有り、小林農園も今後は宿泊しながら農業体験が出来る施設を計画しているようです。

周りの人の協力やサポートを受けながらも、趣味を仕事にしているので大変の中に楽しさも詰まっているんですね。

タイトルとURLをコピーしました