シタンダリンタの両親はどんな人?兄弟はいる?家族を調査!

テレビ番組

「激レアさんを連れてきた。」に、シタンダ監督が出演しました。

現在高校生で、門真国際映画祭で最年少で優秀賞を受賞しています。

そんなシタンダリンタさんが映画を始めて撮ったのは、小学3年生のときのようです。

 

ここまで見てきて、両親のことが気になってきます。

というわけで今回の記事では、シタンダリンタ監督の両親や兄弟といった家族について紹介します。

シタンダリンタの両親(父・母)の職業は何?

最初に、シタンダリンタさんの父親と母親について紹介していきます。

 

シタンダリンタさんの父親の職業は、音響関係です。

音響と言っても、音響プロデューサー・ディレクター・エンジニア・照明などと幅広いのですが、この中どこかの分野で音楽に携わっているようです。

 

母親の名前は「リカ」さんで、職業はボーカリストです。

父親も母親も、音楽に関係した仕事をしているということですね。

 

両親が音楽の仕事をしているので、小さい頃から自然と耳に入ってきてたと思います。

音楽だけでなく、ミュージックビデオの映像も入っていたかもしれませんね。

 

こういった小さい頃からの環境から身に付き、今のシタンダ監督が有るのかもしれません。

シタンダリンタに兄弟はいる?

シタンダリンタ監督の両親については、先ほど紹介しました。

次に兄弟について、お兄さんや弟さんが居るのかどうか調べてみましたが、おそらく一人っ子だと思います。

 

特定な情報は無く、シタンダリンタ監督のTwitterなどを見ていても兄弟が居ることを感じさせなかったからです。

両親が、リンタさんに愛情を注いでいるようです。

シタンダリンタの幼少期時代

シタンダリンタ監督の、幼少期の頃のエピソードを少し紹介します。

両親が音楽関係の仕事をしているので、音楽フェスにはよく行っていたようです。

 

そこで、シタンダリンタ監督はふと気づくと居なくなる子でした。

居なくなり親が探していると、ほぼ決まって年上の人たちに混じって、一緒に遊んでいたそうです。

 

初めて会った子供同士が仲良くなるのに、さほど時間はかからないことが多いです。

ですが、それは同年代くらいの話し。

 

シタンダリンタ監督は、はるか年上の大学生の人たちの輪に一瞬にして入り込み仲良くなっていくのは、たくましい少年だったのですね。

人に好かれやすい人を、人たらしと言ったりします。

 

シタンダリンタ監督も、人たらしのように思いました。

人たらしだからこそ、製作する映画の出演者や音楽の作成なども出来ていくのかもしれないですね。

 

映画の出演料も無いようです。

出演料がなくでも出演を引き受けてもらえることなどを考えると、シタンダリンタ監督自身が魅力的な男性で有ることが証明されている気がしました。

 

シタンダリンタ監督の本名や高校といったことを含めたプロフィール全体に関しては、別記事「シタンダリンタの高校はどこ?wiki風プロフィールを紹介」で紹介しています。

まとめ

今回は、シタンダリンタ監督の家族について紹介してきました。

両親の職業について、父親は音響関係で母親はボーカリストです。

 

小さい頃から音楽や映像に触れて育っています。

また、一つの映画を作るのには多くの人の協力が必要になってくるのですが、この部分に関してはシタンダリンタ監督が持つ魅力によって協力者がいつも表れているようです。

一番の協力者は両親だと思います。

 

両親は、映画監督になると決めてる息子の夢を叶えるために一緒になって全面的に協力し歩んできたいるようです。

親は子供の夢を応援します。ですが、そのときの年齢や費用面などで応援せざる得なくなることも有るかもしれません。

しかし、シタンダ監督の母親は、「早くに監督なると決めて、このまま突き進んでほしい」と願っていますので、この先より一層、シタンダリンンタ監督は輝けていけるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました