STAN.自動調理なべEL-KA23の悪い口コミは?お手入れ方法やレシピも紹介!

STAN.自動調理なべEL-KA23の悪い口コミは?お手入れ方法も紹介!キッチン家電・用品

象印のSTAN.自動調理なべEL-KA23の口コミや評判をレビューしていきます。

また、レシピや本体のお手入れ方法についても紹介します。

 

象印の自動調理なべは、手軽に美味しく調理できる、お手入れも簡単といった高評価の口コミが多く、新製品のEL-KA23でも期待が高まっています。

約100のメニューに対応しており、毎日忙しい方はもちろん、料理が少し苦手な方でも手軽にできるのは嬉しいですよね。

新製品のEL-KA23では、使った後に必ず水洗いが必要な部品も三つだけで、旧製品と比べて洗う部品が減り、お手入れがさらに簡単になりました。

 

実際にどのような口コミがあるのか、STAN.自動調理なべEL-KA23の評判やその他の詳しい特徴と一緒に本文で紹介していきます。

▼象印STAN自動調理鍋EL-KA23はこちら▼

象印STAN.自動調理なべEL-KA23の悪い口コミやデメリットは?

EL-KA23は発売して間もないため口コミが少ないです。そのため、旧製品のEL-MB30の口コミを紹介します。

実際に使っている人の口コミを見ていて、満足していないと感じた内容は下記です。

炊飯器としては使え無し

  • 炊飯器として使ってみたが、米粒が潰れてしまい炊き上がりがいまいち

上記の口コミは旧製品のもので、EL-KA23では高い蓄熱性を持つホーローなべが使われ、より味がしみこみやすく、美味しく調理することができるようになりました

ただ、EL-KA23も様々な料理を手軽に作ることを目的とした商品なので、お米の炊き上がりを追求したい場合は、やはり炊飯器を使う方が美味しく炊けると思います。

 

STANシリーズで炊飯器も発売されています。炊飯器をメインで使われる場合はNW-SA10を検討すると良いですね。

NW-SA10は、メモリがはっきりしていて水分量が分かりやすいことや保温時間が30時間と長いことも高評価となっています。自動調理なべと同様で、スタイリッシュなデザインも魅力的ですね。

カラーはホワイトとブラックと有りますよ

予約機能に不満

  • 予約した時間に出来上がるように調理が始まるのかと思ったら違っていた。すぐに調理が始まって予約時間まで保温し続けるため、電気代がかかりそう

予約機能に関してですがSTAN.自動調理なべは、予約ボタンを押した時点から調理が開始されます。

一般的に、予約した時間に合わせて調理されるのが多いので混乱してしまう原因になってしまっていました。

それに伴って、電気代がかかりそうと感じてしまうようです。

 

確かに、予約したのにボタンを押した時点で調理が始まってしまうのは戸惑いますね。

ただ、その理由は中に仕込んだ食材を腐らせないための仕様です。

長時間なべの中に入れておくのは衛生的にも怖いので、これは個人的にはボタンを押した時点で調理が始まるのは仕方ないかなとも感じました。

 

電気代は1時間当たり約25円かかります。お仕事出勤前にセットしていくと9時間程は自動調理なべがつけっぱなしとなり200円以上かかることになります。

もしこの金額が高いと感じたら、予約調理は時々にしたり、早めに調理しておいて冷蔵庫で保管するといった使い分けをしてもいいかもしれませんね。

▼象印STAN自動調理鍋EL-KA23はこちら▼

▼象印STAN炊飯器NW-SA10はこちら▼

象印STAN.自動調理なべEL-KA23の良い口コミやメリットは?

次に、良い口コミも調べました。

満足している声は、以下の内容が有りました。

料理が美味しい

  • 豚の角煮が柔らかく出来てとても美味しい
  • おでんの大根が煮崩れないで中まで染みていた
  • ミートスープも野菜スープも肉じゃかも美味しく出来た

操作が簡単

  • 電気なのでスイッチ入れたらお料理はほぼ終了というお手軽さ
  • 自動調理中に他の1品が作れるので助かる
  • レシピ通りに30分程度費やせば、後は完成を待つだけ

お手入れが簡単

  • 3枚の内蓋を洗うだけなので、炊飯器を同じ感覚。負担にならない
  • 操作は分かりやすいしお手入れは簡単で言うこと無し

自動調理の一番の魅力は、ボタン一つでほったらかしで調理ができることです。

この口コミは、旧製品のものでは有りますが新商品のEL-KA23も期待していいと思います。

 

また、洗い物は内ぶた・ホーローなべ・つゆ受けの3点だけで取り外して洗えるので後片付けは楽ちんです。

EL-KA23は無水調理が可能なため、食材の栄養を逃がさない上に美味しく出来上がるのは使ったら手放せなくなりそうですね♪

▼象印STAN自動調理鍋EL-KA23はこちら▼

象印STAN.自動調理鍋EL-KA23のお手入れ方法は?

便利な自動調理なべだからこそ、片付けも手軽にできるものを使いたいですよね。

先程も書きましたが、EL-KA23を使った後に毎回洗う必要があるのは、内ぶた・ホーロー鍋・つゆ受けの三つです。

その他の部品は、柔らかい布などで汚れや水分をサッとふき取る程度で十分です。

必要以上にお手入れがいらないのは、とても嬉しい設計ですね。

象印STAN.自動調理なべEL-KA23のレシピを紹介

STAN.自動調理なべEL-KA23は約100のレシピに対応しています。

今まで挑戦したことがなかったり、調理が大変なメニューにも取り組んでみるチャンスが増えそうですね。

EL-KA23で作ることのできる料理をいくつか紹介します。

米料理

白米(1~3カップ/1時間)

パエリア(4~5人分/1時間)

カレー/シチュー

バターチキンカレー(4人分/1時間)

ビーフストロガノフ(4人分/50分)

スープ

クラムチャウダー(4人分/30分)

サムゲタン風スープ(4人分/45分)

煮物

豚の角煮(4人分/2時間15分)

ポトフ(4人分/1時間50分)

無水調理

肉じゃが(4人分/50分)

ラタトゥイユ(4人分/30分)

パック調理

ハンバーグ(2人分/1パック/55分)

スペアリブ(2人分/1パック/1時間30分)

温度調理

甘酒(4人分/10時間10分)

水餃子(4人分/35分)

紹介したレシピの他にもたくさんあります。

レシピブックが付属されているので、何を作ろうか迷ったときにはぜひ参考にしてみてくださいね。

象印STAN.自動調理鍋EL-KA23の特徴

ここまでのことを踏まえて、STAN自動調理なべEL-KA23の特徴やメリットも紹介していきます。

おまかせ自動調理

忙しい方に嬉しい予約機能や、食べごろの温度で保温する機能があり、料理の負担を減らすことができます。

対応しているメニューも豊富なので、家族全員が満足できる料理ができると思います。

また、料理に自信がない方でも、ほったらかしで手間をかけたような料理ができるのは嬉しいですね。

EL-KA23を使うことは、料理の敷居が下がり、多くの方が様々な料理に挑戦できるきっかけになるような気がします。

パック調理について

ジッパーつき食品保存袋に食材と調味料を入れ、EL-KA23に水と一緒にセットするだけで簡単に調理することができる機能です。

同時に2品調理することもできるため、同じ時間でいつもよりも作ることのできる品数が増えます。

 

パック調理の手順は4ステップです。

  1. ジッパーつき食品保存袋に食材と調味料を入れる
  2. なべにパックホルダーをセットし、ジッパーつき食品保存袋をセットする
  3. パックホルダーカバーをセットし、注水口から水を入れる
  4. 袋をパックホルダーカバーのツメに引っかけ、本体にセットする

主菜と副菜の同時調理や、副菜を2品同時調理で、空いた時間を別のことに有効活用できるのは嬉しいですね。

直火OKのホーローなべ

EL-KA23のホーローなべは、本体から取り外すことができ、ふたも付属しているので、料理を冷蔵庫で保存することができます。

わざわざ別の食器に移さなくても、冷蔵庫に入れることができるのは嬉しいですね。

さらに、ガスの直火に直接かけることができるので、冷蔵庫から出してそのまま温めなおすのにも便利です。

EL-KA23で作ったちょっと豪華な料理を、ホーローなべのまま食卓に出して楽しむこともできますよ。

▼象印STAN自動調理鍋EL-KA23はこちら▼

象印STAN.自動調理なべEL-KA23の悪い口コミやデメリットとお手入れ方法のまとめ

STAN.自動調理なべEL-KA23の悪い口コミやお手入れ方法と、レシピを紹介してきました。

旧製品は手軽においしく調理できたり、使用後もお手入れが簡単な点など、全体的に高評価の口コミが目立ちました。

デメリットとした上がった予約機能は、最初は混乱してしまうかもしれません。

ただし、調理時間が分かることやホーロー鍋用の蓋が付属していること、そして直火出来ることなどを考えたら大きな問題でもないように感じました。

 

旧製品のはとても多くの方から高評価を得ていました。

新製品のEL-KA23は、パック調理といった機能も追加されてさらに進化しており、とても期待できますね。

理にかける時間や労力を今まで以上に減らせて、忙しい主婦にとって味方の自動調理なべです。

▼象印STAN自動調理鍋EL-KA23はこちら▼

キッチン家電・用品
こちらの記事も読まれています
Blog Pallet
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました