クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較!どっちがおすすめ?

クッキングプロとヘルシオホットクックを比較!どっちがおすすめ?キッチン家電・用品

クッキングプロヘルシオホットクックの違いを比較しました。

また、どっちがおすすめなのかもまとめました。

 

おうち時間が続き、毎日の食事を作るのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

そんな時に頼りたくなるのが、調理家電ですよね!

今回は、その中でも人気のクッキングプロとヘルシオホットクックを比較しました。

 

大きな違いは3つあります!

 

基本的な違いとして、クッキングプロは『電気圧力鍋』として販売されており、その他にも蒸すや炒めるなどといった調理モードが搭載されている調理家電です。

対して、シャープのヘルシオホットクックは圧力調理機能はついておらず、レシピメニューを選ぶと、作り方をナビゲーションし、自動で調理してくれる『水なし自動調理鍋』として販売されています。

 

その他は、種類や金額にも違いが有ります。

クッキングプロとヘルシオホットクックの詳しい違いは本文で紹介します♪

また、どっちがおすすめかもまとめましたので参考にしてみてくださいね^^

▼クッキングプロはこちら▼

電気圧力鍋クッキングプロ ショップジャパン 公式 調理家電
created by Rinker
Shop Japan(ショップジャパン)

▼ヘルシオホットクックはこちら▼

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較!

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較しました。

大きな違いは機能・種類・価格3つです!

それでは、1つずつ詳しく説明していきますね^^

機能の違い

クッキングプロは『圧力調理』『炊飯』『無水調理』『蒸す』『煮込み』『炒め』『スロー調理』『温め直し』の調理機能が搭載された、1台8役の電気圧力鍋です!

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較!どっちがおすすめ?

調理方法を選択して使うのがメインとなり、どちらかと言うと、コンロを使わずに使用できるお鍋のイメージです。

 

そして、ヘルシオホットクックは材料を入れ、レシピメニューから作りたいものを選ぶと、自動で調理してくれる自動調理鍋です!

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較!どっちがおすすめ?

本体画面や音声でレシピの作り方を教えてくれますし、AIも搭載されている為、調理履歴に応じておすすめを提案してくれる便利な機能もあります。

ヘルシオホットクックには圧力調理の機能はないので注意してくださいね^^

種類の違い

クッキングプロは、約6人分の調理ができる調理容量2.4リットルサイズ1種類です。

また、カラーバリエーションはシルバー・レッド・ブラックの3種類あります。

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較!どっちがおすすめ?

 

ヘルシオホットクックは、調理容量2.4リットルタイプ(KN-HW24F)・1.6リットルタイプ(KN-HW16F)・1.0リットルタイプ(KN-HW10E)の3種類から選ぶことができます。

また、カラーバリエーションは2.4リットルタイプと1.6リットルタイプはレッドとホワイト、1.0リットルタイプはブラックとホワイトの2種類ずつです。

少人数家族でも小さいサイズが選べるのは嬉しいですよね^^

 

そして、大きさと重さを同じ調理容量の2.4リットルタイプで比較した場合、クッキングプロの方がコンパクトで軽量です♪

価格の違い

クッキングプロの価格は公式サイトで16,170円、ヘルシオホットクックは調理容量の同じ2.4ℓタイプで約50,000円程で販売されています。

また、一番小さい1.0ℓタイプでも35,000円程です。

クッキングプロは、ヘルシオホットクックの1/3程の金額で購入できるので、手が出しやすいですよね♪

 

以下が、クッキングプロとヘルシオホットクックの比較です。

クッキングプロホットクック
調理容量2.4ℓ2.4ℓ:KN-HW24F1.6ℓ:KN-HW16F1.0ℓ:KN-HW10E

大きさ(幅×奥行×高さ)

285×273×295mm395×305×249mm364×283×232mm220mm×305×240mm
重さ(kg)約3.6kg約6.1kg約5.2kg約3.7kg
消費電力700W800W600W350W
色バリエーションシルバー
レッド
ブラック
ホワイト
レッド
ホワイト
レッド
ホワイト
ブラック
タイマー最大時間12時間15時間15時間15時間
価格16,170円約55,000円約45,000円約35,000円

クッキングプロのデメリットは別記事でまとめています。

価格面で考えたら断然お得ですが、デメリットを理解した上で検討するためにも、ぜひチェックしてくださいね^^

クッキングプロの悪い口コミやデメリットは?買って後悔したことを暴露!
クッキングプロの悪い口コミやデメリットについて紹介していきます。 楽して調理が出来ると話題のクッキングプロですが、買っ...

▼クッキングプロはこちら▼

電気圧力鍋クッキングプロ ショップジャパン 公式 調理家電
created by Rinker
Shop Japan(ショップジャパン)

▼ヘルシオホットクックはこちら▼

クッキングプロとヘルシオホットクックどっちがおすすめ?

クッキングプロとヘルシオホットクックがおすすめな人をそれぞれまとめました。

クッキングプロがおすすめの人

  • 自分でレシピを作るのが好き、ある程度お料理ができる方
  • たくさん機能のついた機械操作が苦手な方
  • 圧力調理機能が必要な方
  • 価格を抑えたい方

複数の調理モードから、お料理によって自分で選ぶ必要があるクッキングプロは、使いこなすにはある程度お料理ができる必要があります。

逆にお料理が得意な方は、通常使っているお鍋やフライパンに近い感覚で使用できるので、使いやすいのではないかなと思います♪

また、圧力調理機能を重視したい方は、ヘルシオホットクックには無いので、クッキングプロを選んでくださいね。

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較!どっちがおすすめ?

 

そして、クッキングプロはメニューボタンが分かりやすい表示となっている為、操作しやすい設計です!

いつも炊飯器を利用している方であれば、問題なく使用できると思います♪

そして、何よりも価格が抑えられるのが嬉しいポイントですよね^^

▼クッキングプロはこちら▼

電気圧力鍋クッキングプロ ショップジャパン 公式 調理家電
created by Rinker
Shop Japan(ショップジャパン)

ヘルシオホットクックがおすすめの人

  • お料理が苦手な方
  • お料理のバリエーションを増やしたい方
  • お菓子やパン作りもしたい方
  • 調理容量を選びたい方

ヘルシオホットクックは全自動調理の為、お料理の苦手な方に最適です!

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較!どっちがおすすめ?

また、COCORO KITCHENレシピサービスを利用すると、スマートフォンでレシピを検索して、ヘルシオホットクックに送信することができるので、たくさんのお料理に挑戦できます。

バリエーションを増やすことができたら、毎日の献立に悩む時間も減らせますよね^^

 

そして、ヘルシオホットクックではケーキなどのお菓子作りもできますし、発酵機能がついている為、パンも作ることができます!

発酵機能を使って自家製ヨーグルトも作れますよ^^

お菓子作りやパン作りに興味のある方は、ヘルシオホットクックが1台あれば、オーブンがなくても十分楽しめると思います♪

 

そして、ヘルシオホットクックは3種類から容量を選ぶことが出来ます。

特に1人暮らしや夫婦2人での生活の方は、2.4リットルは大きいと思いますのでご家族の人数に合わせて購入することができるは嬉しいですね^^

▼ヘルシオホットクックはこちら▼

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較まとめ

クッキングプロとヘルシオホットクックの違いを比較してきました。

2つの大きな違いは、機能・種類・価格3つです!

 

機能の違いは、クッキングプロは『電気圧力鍋』であり、ヘルシオホットクックは『水なし自動調理鍋』です。

その為、ある程度調理経験があったりレシピを自分で考えるのが好きな方にはクッキングプロが使いやすいと思いますし、お料理初心者さんやお料理のバリエーションにお困りの方はヘルシオホットクックをおすすめします^^

 

そして、クッキングプロは2.4ℓのサイズが1種類ですが、ヘルシオホットクックは2.4ℓの他に2種類の少量サイズがあるので、少人数家族の方はヘルシオホットクックが便利ですよね!

また、金額にも大きな違いがあり、クッキングプロの方がヘルシオホットクックよりお安く購入できます。

 

どちらもコンロを使わなくて調理ができるので、夏の暑い時でも快適にお料理できますし、調理しながら他の作業ができるので、時間の有効活用できる点が人気の理由だと思います。

クッキングプロとヘルシオホットクックのどちらも素敵な商品ですので、違いと比較を参考に、ご自分のライフスタイルに合う方を選択してくださいね^^

▼クッキングプロはこちら▼

電気圧力鍋クッキングプロ ショップジャパン 公式 調理家電
created by Rinker
Shop Japan(ショップジャパン)

▼ヘルシオホットクックはこちら▼

タイトルとURLをコピーしました